【鬼滅の刃】作者の年齢や出身を調査!名前の読み方も知りたい!

鬼滅の刃,作者,年齢 人物

とうとう終わってしまいましたね、超大ヒット作「鬼滅の刃」。

SNSでは「寂しさ」や作者への感謝の気持ちの声が上がっています。

そこで超大人気「鬼滅の刃」の作者、吾峠呼世晴さんの年齢・出身地などを調査しました!

最近判明した性別についてもお伝えします!

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】作者のプロフィール!(年齢・出身地など)

ますはプロフィールから見ていきましょう!

名前:吾峠呼世晴(ごとうげ こよはる)

出身:福岡県

生年月日:1989年5月5日(2020年5月18日現在31歳)

特技・趣味:乗り物酔い・家に入ってきた虫を見つけるのが早い・もたもた・拒絶・人見知り

好きなマンガ:「ジョジョの奇妙な冒険」「クレヨンしんちゃん」などなど。

職業:漫画家(活動2014年~)

吾峠呼世晴さんはペンネームなのですが、本名が分かる情報は見つけられんせんでした。

読み方もなかなか難しいですよね。

「ごとうげ こよはる」さんと読むんですが、漢字の名前だけを見ると、一体どこまでが名字で、どこからが名前かさえも、私は最初分かりませんでした(笑)

 

【鬼滅の刃】作者の性別が判明!顔写真は?自画像がワニ!

吾峠呼世晴さんの顔写真は見つけることが出来ませんでした。

今のところ、公開されていないようです。

めがねをかけたワニの自画像は、ありますけどね!

この自画像をワニにした理由は「読者をがっちり噛んで離さない漫画」を目標にしているからだとか。

そしてそして・・・!先日文春オンラインで吾峠呼世晴さんが女性であることが判明しました!!!

ちょこちょこ出てくるコメントや、直筆の丸文字などから女性という予想をされている人が多くいましたが、やはりそうでしたね!

いろいろな事情があって、素顔を隠しているのだと思いますが、女性と分かっただけでも、少し作者に近づけた気持ちになりちょっと嬉しい!とひとりほっこりしております。

【鬼滅の刃】作者の年収は?

「鬼滅の刃」の単行本は2020年5月で累計発行部数6000万部になりました!

2019年のオリコン年間発行部数は、なんと!あの「ONE PIECE」の1080万部を上回って1205万部で第一位に輝いています。

漫画の印税は5%~10%。

単行本は1冊400円、12巻以降は440円。(+税)

1冊420円として大まかに計算すると・・・

420円×0.05~0.1=21円~42円

21円~42円×6000万部=12億6000万~25億2000万?!

ここから所得税など諸々引いたり、逆にグッズ販売や連載のギャラなどの収入もあるだろうし・・・「鬼滅の刃」の収入だけでも20億近いってことでしょうか???

「鬼滅の刃」が4年3ヶ月の連載だったという事ですので、20億を約4か月で割ると、年収では5億近いってことですよね。

あくまでも推定ですが・・・

まだ31歳という若さの吾峠呼世晴さん。

すごい年収にびっくりですが、人気漫画家さんになると、こんなにすごい収入に結び付くんですね!

【鬼滅の刃】作者の歴代作品・経歴

2013年過狩り狩りを読みきりとして投稿し、第70回(2013年4月期)の「JUMPトレジャー新人漫画賞佳作」を受賞

これが「鬼滅の刃」の前身となる作品と言われています。

その後2014年「少年ジャンプNEXT!!!」に読み切り文殊史郎兄弟が掲載デビュー。

そして、2014年第9回近未来杯にエントリーして「週刊少年ジャンプ」2014年39号で肋骨さんを掲載。

2015年にも「週刊少年ジャンプ」に読み切り蠅庭のジグザグが掲載されます。

そしてついに「週刊少年ジャンプ」2016年11号(2月)から2020年24号(5月18日)まで鬼滅の刃を初連載!

この「鬼滅の刃」は、連載開始後だんだんとネットでも話題に。

2019年4月にテレビアニメ化すると、それをきっかけに注目を浴び、そして人気大爆発になったんです!

我が家でも子供たちが学校でみんな見てる!楽しいんだって!と言って見始めてましたよ。

2019年には吾峠呼世晴短編集が発行されています。

吾峠先生の読み切りの4作品がつまったこちらの短編集は、「鬼滅の刃」以外の読み切りをまだ読んだことが無いファンにとっては、すごく気になる一冊ですよね!

【鬼滅の刃】作者のジャンプの巻末おもしろコメント集

吾峠呼世晴さんの「週刊少年ジャンプ」の巻末コメントが面白いと話題になってます。

私の好みの物だけになってしまいますが、少し抜粋してみます。

・原稿を見る時の担当さんの目が殺し屋みたい。

・頭のアホ毛が凄い。20本くらい立ってて毎朝賑やか。

・窓に映った自分の姿を不審者かと思い飛び上がるほど驚いた。

・自分の年を間違えてた。

・ぶつかったので慌てて謝罪したらマネキンだった。

・マスクをしたまま必死に吹いて消しカス飛ばそうとする愚か者。

・買い物し、支払いを済ませ、商品を受け取らず颯爽と店を出る。

・なんか大体いつも眼鏡が斜め。お爺ちゃんもそうだったな。遺伝だな。

・寒いからクーラーを切りたかったけどリモコンが行方不明でずっと寒かった。

・ビ・タ・ミン!と言いながら歩くと、ビタミンを取れるような気がします。

・にらを刻んだら2日くらい手がニラ臭かった。ニラの妖精が舞い降りてた。

・なんか唐突に中学の時何度も人の靴を履いて帰ったのを思い出した。迷惑人間。

・新しく買ったカーディガンが凄い重い。常に誰かと肩を組んでるみたいな重さ。

他にもたくさん面白いコメントがあって、なかなか抜粋するのも難しかったのですが。

ついぷぷっと笑ってしまう感じの一言で、心がなんだかほっこりしますよね。

こんな短い文章でも、人の心にすっと入れる吾峠呼世晴さんって、本当に凄いです。

まとめ

とうとう最終回を迎えてしまった超大人気の漫画「鬼滅の刃」。

人気絶頂のタイミングで最終回を迎え、寂しがっている人もたくさん!

「鬼滅の刃」作者、吾峠呼世晴さんの本名は分からず、顔写真も公開されていませんでしたが、きっとまた吾峠呼世晴さんの素晴らしい作品が生まれることを期待して・・・。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました