【東大王】鈴木光の小学校はどこで小学校時代の学力は?英語力がすごい!小2で英検2級?

東大王,鈴木光,小学校 人物

「東大王」では正規メンバーとして活躍する鈴木光さん。

SNSでも「かわいい」と話題の鈴木さんの小学校はどこだったのでしょう。

英語力も半端ない鈴木さんは小2で英検2級を取得!?

そんな才色兼備の「東大王」鈴木光さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

【東大王】鈴木光のプロフィール

まずは鈴木光さんのプロフィールを見ていきましょう。

名前:鈴木光(すずきひかる)

生年月日:1998年9月18日(2020年5月現在21歳)

出身地:東京都

鈴木さんには双子のお姉さんがいます。

小さい頃の写真を見ると、二人ともとてもとても可愛らしい!

かなりの美人姉妹ですよね。

お姉さんの名前は「優花」さん。

小学校に入る前まで一緒にインターナショナルスクールの幼稚園に通っていました。

お姉さんの優花さんが現在はどうしているのか、とても気になりますよね。

ただ、調べてみましたが、残念ながら双子のお姉さん「優花」さんの情報が見つけられませんでした。

【東大王】鈴木光の学歴

次は鈴木光さんの輝かしい学歴を見ていきましょう!

小学校

鈴木光さんが卒業した小学校は、残念ながら情報を見つけられず、どこの小学校かはわかりませんでした。

ただ、公立小学校であることだけは分かっています。

実は鈴木さん、幼稚園は双子のお姉さんと一緒にインターナショナルスクールに2年間通っていました。

周りが英語で話すお友達ばかりで、気づいたら英語しか話さなくなっていたというのです。

日本が正しく使えなくなってしまったことを心配したご両親が、小学校からは日本の公立校へ編入させた、というエピソードをインタビューで話しています。

そんな鈴木さん、小学校2年生の時には英検2級を取得したというから凄いですよね!

そして英語の絵本を読み聞かせてくれていたお母様の影響で無類の本好きだった鈴木さん。

小学校3年生の時には「モモ」という本に出会い、それをきっかけに日本語の本を読むようになり、授業中以外は図書室に入り浸るほどに。

また、小学校4年生から始めた中学受験に向けて頑張って勉強していく中、小学校6年生では思うように成績が伸びない時期があり、その時に出会ったのが石田衣良さんの短編集「約束」

「言葉に出来なかった自分の気持ちをこの小説が代弁してくれたようでした。弱くてもあなたはそのままでいいんだよと受け入れられた気がして、ボロボロ泣きながら読んでいましたね。」と話しています。

この「約束」という本が、鈴木さんのスランプを救ってくれた1冊なんですね。

是非我が子にもこの本を読んでもらいたいなぁと、思ってしまいました。

中学・高校

中学受験で勝ち抜いて、超難関校である筑波大学付属中学校に無事合格した鈴木光さん。

この筑波大付属中学校は、偏差値70(参考:中学受験・高校受験 パスナビ)。

高校は中学との併設している系列校なので、約8割が内部進学でなのですが、鈴木さんもその一人。

内部進学で進んでいます。

筑波大学付属高校の偏差値を見ると78!(参考:みんなの高校情報

開成高校やお茶の水女子大付属高校などと肩を並べるほどの超難関校です。

中学高校では軽音楽部に所属していました。

軽音楽部ではバンドを組んで、ギターとヴォーカルを務めています

クイズには全く関係のない部活に所属していたんですね、意外です。

でも、音楽まで出来てしまうなんて、ドラマや映画の主人公のよう。

ステキすぎます!

英語力がどんどん衰えていると感じて、英語に対してコンプレックスを抱いていた鈴木さん、更に英語を勉強し、中学校3年生では英検1級を取得

努力も惜しまない鈴木さん、素晴らしいとしか言いようがありませんよね。

高校2年生の時には高校生の国際会議「アジア太平洋少年リーダーズサミット」に学校代表として出席しています。

また、同じ高2でアメリカの名門、スタンフォード大学の高校生向けの通信教育プログラムに参加し、その時の論文が表彰されています。

ただでさえ優秀な学校に通いながら、更に素晴らし実績を残している鈴木さん、どれだけすごい才女なのでしょうか!

大学

2017年4月東京大学法学部(文科Ⅰ類)に入学。

東京大学と言えばだれもが知っている日本でも最難関の国立大学です。

しかも、東京大学へは推薦入学で進学しているんです。

相当優秀な成績だったという事ですよね。

この推薦によって2月中旬には東大進学が決まっていたこともあり、高校の担任教師から東大王出演を薦められ、予選に合格して「東大王」出場が決まったという経緯があります。

そして、同年11月には正規メンバーとしてこの番組にレギュラー出演しています。

鈴木さんは、元々クイズは好きでしたが、本格的に取り組んだのは「東大王」出演以降。

弁護士を目指している鈴木さん、司法試験の勉強も頑張る中でのクイズ番組「東大王」への出演は、「リフレッシュの時間」と本人は感じています。

「美しすぎる東大王」として大人気の鈴木さんですが、テレビでこうして活躍する芸能活動は、大学在籍限りになってしまいそうですね。

残念な気もしますが、鈴木さんの弁護士になる夢を是非応援したい!って思います。

【東大王】鈴木光の英語力がすごい!

鈴木さんの英語力、半端なくすごいんです!

東大王に出演している時にも、何度か鈴木さんの素晴らしい英語を耳にする場面がありました。

まるでネイティブの様な流暢な発音!

先程も述べた通り、鈴木さんは小学校2年生で英検2級、中学校3年生で英検1級に合格しているという実力者。

でも、海外で生活した経験があるわけではないというんです。

一体どうやったら、こんなネイティブのような発音にペラペラとしゃべれるようになるのでしょうか?

【東大王】鈴木光の英語力がすごい理由

鈴木さんは双子のお姉さんと5~6歳の2年間インターナショナルスクールの幼稚園に通っていました。

そこでは、アメリカや韓国などの英語を話すお友達ばかりで、いつの間にか英語しか喋れないように。

小学校3年生頃まで家で姉妹の二人は英語でご両親に、英語が得意でないご両親は日本語で子供たちに話しかけるという日々だったとインタビューで答えています。

小学生からは地元の公立小学校に通い始めますが、英語から離れてしまう生活になるため、お母様が週1回英語の家庭教師をつけたり、ホームステイの受け入れをしたり、英語に触れる環境を常に作るように努力していたようなんですね。

お母様の子供達への深い愛情を感じますよね。

英語の絵本の読み聞かせもしてもらっていたといいます。

鈴木さんのお気に入りは「はらぺこあおむし」「僕を探しに」「おおきな木」だったそうですよ。

英語を得意の子供に育てるために、参考にしたいなぁ、なんて思いますが、地頭の違いもあるんでしょうね(笑)

【東大王】鈴木光将来の目標

司法試験に合格して企業法務を専門とする弁護士になるのが鈴木さんの目標

既に司法試験予備試験に合格しています。

司法試験予備試験とは法科大学院を修了した者と同等の学識を有するかどうかを判定し、もって司法試験の受験資格を付与するために行われる国家試験である。

引用元:ウィキペディア

大学のゼミでは企業分析と株価予想を行うゼミに入っています。

将来の夢を視野にこのゼミを選んで、学んでいるんでしょうね。

目標を定めてそこに向かっていく鈴木光さん、さすがだなあって思います。

まとめ

小学校2年生で英検2級、中学校3年生で英検1級を取得した鈴木さん。

海外生活の経験からではないというから、本当にびっくりです。

知と美を兼ね備えた鈴木さんが、将来弁護士として活躍されることを応援しつつ、今はもう少し「美しすぎる東大王」として可愛い知的な姿で楽しませてくれることを期待しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました